深セン工芸美術逸品展示会は韓国に開きました
ビュー :Release time :2015-07-06

 9月8日、广东省工芸美術業界協会が主催して、ソウル中国文化センタ、韓国の南怡島株式会社と協力主催の”中国・深セン市工芸美術逸品展示会”は韓国の観光地南怡島アンデルセンの展示館に開幕しました。シンセン市文化局の副局刘焯铿、ソウル文化センタ主任朱英杰、韓国南怡岛株式会社社長康禹铉、深セン工芸美術協会会長康建利は開幕式に参加しました。


今度の展示会の展示商は深センで業界トップの地位があるの20家工芸美術品の生産企業、展示品は彫刻工芸品(木彫、貝殻微雕、玉彫り、印石彫刻)、金属工芸品、レザー工芸品、琉璃工芸品、ガラス工芸品、玉工芸品、刺繍工芸品、切り纸工芸品、家居アクセサリーなど10種類、1000件を超えました工芸美術逸品。展示品のデザインは巧み、造型は独特で、工芸は完璧、中国の伝統的な技術と現代技術の結合の手本です。中にはレザー工芸品、貝殻微雕、文化アクセサリー時計等は国内の初めてです。


シンセン市工芸美術業内は全国の腕のいい职人は始まりました。収容した東西工芸美術の流派のスタイル。製品種類は整備、今は金属工芸品、レジン工芸品水晶、ガラス工芸品等の23種類。2004年12月まで、シンセン市美術業内は生産、供給、販売の企業は1825家があります。工芸品専門市場は16個、その年は全業内の生産額は161億元、中に輸出は12億ドル、深セン工芸美術業界の規模、生産、製品開発能力、加工技術などは、全国の同業の前列で、深センの工芸美術業界の国内562の都市に建設されている販売拠点があり、いくつかの主流の製品は全国工芸品の40~60%の市場があり、深センの工芸美術業界の輸出貿易企業が企業全体の56%があり、韓国、日本の、アメリカ、ドイツ、フランス、ロシア、アラブ首長国連邦など22の国と取引があります。

ソウル文化中心は応答国家促進文化企業「出て行って」と呼び掛け、中華文化を発揚して、今年は”各省(市)の民間工芸品展”のプランをスタートしました。広東省の文化庁はこのプランを第一参加の企業として、「竜門県農民画」と「中国深セン工芸美術品展」を積極的に推進しました、「中国深セン工芸美術品展」を主催通じて、広東省深セン市政府が深セン市美術工芸業界協会の第1ロットの民間企業を打ち出した。文化産業戦略を実施しての第一歩を踏み出した。文化センターはこれらの企業文化を情報サービスと指導性を提案を与えて、より広大な発展の空間を提供しました。


南怡岛は韓国のドラマ<冬季戀歌>の撮影地で、<冬季戀歌>は日本及び東南アジアの人気があるから、去年南怡岛は200万近いの外国の観光客、この展示会開催期間中は万人近くの見学が見通し、この展覧会は9月12日に終瞭し、展示品続いてソウルで中国文化センター内に展覧しています。

トップページ|会社概要|商品一覧|取得認証|技術&品質|お問い合わせ|ニュース
携帯電話: +86 18926059029 日本語可 TEL: +86 75584851470 FAX: +86 75533902177
連絡メール: sales06@xiexingift.com アフターサービスメール: sales06@xiexingift.com
所在地: 深セン龍崗区横崗街道桂坪路41号概念空間A棟302